何回の脱毛で効果がわかる?

全身脱毛をするにしても、気になるのは通う事になる期間。つまりは、脱毛する回数です。回数が多い方が脱毛効果があるのはわかっているものの、多ければ多いほど金額は高くなります。一般的には、脱毛サロンでは6回を基本にもう少し数を少なく設定したり、倍の数で設定しているところが目立ちます。4回、6回、8回、12回、18回、そして無制限…といった回数が定番となっていますね。ちなみに、一般的に言われている6回という数字では、自己処理がいらないレベルにまで脱毛することはできません。では、自己処理がいらない程度の回数とは…どれくらいが望ましいのでしょうか?

 

個人差はあるものの、6回では約半分…5割ほどしか脱毛効果を期待することはできません。体毛がうすくなってきたとは思えますが、自己処理は必要。12回では、約8割の体毛を脱毛することができます。時々、数本ほど生えてくることがありますが、以前よりは自己処理の回数も減ってきているはずです。そして18回では、ほぼ自己処理がいらない永久脱毛に近い形での脱毛効果を得る事ができます。この結果は一般的な平均値であり、人によっては18回の脱毛をしても、まだ生えてくる場合もあります。逆に、12回目をする頃には、まったく体毛が生えなくなってきていた…なんてこともあるのです。


最低でも12回は通うべし

脱毛サロンでは、大体12回から18回程で自己処理がなくなるという方が多いですが、これが医療レーザーではどうなのでしょうか?実は、医療レーザーを使うクリニックなどの医療機関では、脱毛サロンの約半分の回数で済むといわれているのです。早い人では、3分の1程度で終わる人も…。どちらにしろ、サロンよりも少ない回数で終わることには変わりありません。

 

脱毛サロンとクリニックのどちらでやろうとも、「ムダ毛の量が減ればいいわ」といった希望であれば、少ない回数での設定でもいいかもしれません。逆に、「自己処理はやりたくない」というのであれば、できるだけ回数は多く設定したほうがいいでしょう。満足できる脱毛効果を得たいのであれば、最低でも12回は受けたいものです。

 

とはいえ、どうして10回以上の回数が必要となるのでしょうか?それは、実際に皮膚表面に出ている体毛は、全体の2〜3割ほどしかないからです。光脱毛やレーザー脱毛、どちらにしても表面に出ている体毛にしか働きかけることができないのですから、どうしても1回あたりの脱毛で効果を期待できるのは2〜3割程度で、残りの8割の内の何割かを次回にやる…といった形になってしまうのです。


毛質で変わる回数

自己処理が必要ないくらいの結果を得たいのであれば、脱毛サロンに最低でも12回は通わなくてはいけません。これは、体毛の成長サイクルに合わせた結果と言えます。

 

成長期に脱毛してきれいになったように見えても、数か月たつとまた生えてきます。これは、前回の脱毛時に休止期にはいっていた体毛が伸びてきたから。脱毛後に成長期に入り、にょろりと生えてくるのです。これを繰り返すことで、永久脱毛に近い効果を得る事が可能となります。ちなみに、全身脱毛にかかる期間は、少なくとも2年は考えておいた方がいいでしょう。

 

「脱毛するなら永久脱毛!」ということであれば、回数を無駄に増やして設定するよりも、最初から回数無制限で始めたほうがお得です。脱毛効果は人それぞれなので一概にはいえませんが、確実にきれいにしたいのであれば回数無制限が一番。回数を気にしないで納得するまで通う事ができますし、追加料金などもかかってきません。第一、費用の面からもお安くなっています。


回数制?それとも月額制?

脱毛サロンにおける費用設定は、回数制だけでなく月額制といったやり方も増えてきています。月額制は、まるで習い事ように毎月決まった金額を支払っていきます。最初の月は無料と設定しているところもあるようですが、平均的には1ヶ月1万円程。1回の施術になるところもあれば、2回できるところもあります。いずれにしろ、全身脱毛は複数の部位を組み合わせておこなうので、1回だから少ないという事はないようです。

 

ただ、月額制プランには、用事ができてしまったり体調不良でいけなかったとしても、同額を支払わなくてはいけないときもあります。期間が決められた中での月額制だったりした場合は、予想外に早く終わってしまった時にも支払いだけは続けなくてはいけないこともありますので、契約を結ぶ前にしっかりと確認するようにしましょう。理想的なのは、1回もこれなかった月は支払いがない、辞めたいと思った時はいつでも辞めれて支払いも終了する…といったところがいいですね。

 

また、全身脱毛といっても、脱毛できない部位があることもあり…どこまで脱毛できるのかはサロンによって設定が違います。施術可能な部位の確認も忘れないようにしましょう。特に顔やデリケートゾーンは大きく分かれるところなので、要確認が必要です。サロンによっては、エステメニューアドも取り入れていたりするので、場合によっては併用してもいいですね。効果も期待できます。

 

そして、口コミのチェックも忘れずに。サロン側の言い分はほとんどがきれい事です。実際に行ったらとんでもなくスタッフの対応が悪かったとか、勧誘がすごすぎていくのがストレスになってしまった…なんて事がないとはいえません。口コミはそれらの判断材料となりますので、一応目を通しておくようにしましょう。なかには業者が好感度を上げるために投稿している場合もあるので、そこら辺の見極めは必要となります。


上手な脱毛エステ選び

 

代表的なトラブルとは?


昔と今では、脱毛エステが大きく変わってきています。脱毛に興味・関心を持つ人が増えてきたことからもサロンの数が急増しているだけでなく、技術的にも大きく発展してきています。費用もだいぶ安く手が届くような金額になってきており、キャンペーンといったお手頃な価格からも気軽に体験できるようになってきました。

 

ただ、誰もがやろうと思えばできるようになってきただけあって、トラブルの発生件数も少なくないものとなっています。全身脱毛をしてきれいになろうと決心してサロンを訪れたのに、悲惨な目にあってしまった…なんて、それは全身脱毛に知識がない事から引きおこしてしまっていたりするのです。後悔してからでは遅いですから、脱毛サロンを選ぶ際にはどんなことに注意すればいいのか、事前にしっかりとリサーチしておくようにしましょう。

 

脱毛サロンのトラブルとして代表的なのが、「高額な費用」「勧誘」「倒産」「予約が取れない」などです。高額費用とは、「キャンペーンは安かったのにそれ以外のプランはとんでもなく高かった」とか、「後から追加料金を請求された」など。もともと格安でオプションを付けないと行けないようなプランは、最終的な合計金額がとんでもない数字になることも!?さらに、施術当日になって、もしくは施術をした後に突然、追加料金を請求してくるなんてこともあります。これは、施術後のアフターケア代など言って徴収したりするようです。

 

また、頭を悩ませてストレスにもなってしまうのが勧誘。キャンペーンをきっかけに来店したら、しつこい勧誘でなかなか帰してもらえなかった…なんてことも。根負けして高いプランを予約してしまった…なんて人もいるほど。

 

そして、人気店になるほど心配される予約の取りにくさ。無制限プランを申し込んだのに、予約がとれなくて安い回数制と同じくらいしかできなかった…なんて話も意外と多いのです。それでは、なんの為に無制限にしたのかわかりませんね。

 

さらにびっくりなのが倒産です。脱毛サロンは競争が激しい業界ですから、人気がないサロンは倒産してしまいます。近く倒産することを隠したまま契約を結ばせようとするのですから、悪質ともいえる行為です。

 

脱毛サロンでは、時としてこうしたトラブルにあってしまうことがあります。逆にいえば、こうしたトラブルの内容をわかっていれば、避ける事ができるということでもあります。

 

いったん冷却期間を置くのがいい


脱毛サロン選びで失敗しない為には、さまざまなサロンの金額を比較検討し、高ければその理由を探るようにします。自分がどういったことを求めているのかをしっかりと見極め、スタッフの甘い言葉に乗せられないように冷静に判断するようにしましょう。自分の要望に合っているプランを見つけるのがポイントです。ちなみに、その場で即決するのではなく、いったん家に帰ってから決めるようにするといいです。冷却期間を置くことで、冷静にプランを検討することができるのです。意外と、家に帰ったら不安になってきた、無駄な部分が多くあるような気がしてきた…なんて思い直すことが出てくることもあるのです。

 

また、倒産するかどうか…そのサロンの危機感は、すすめる支払方法から察することができます。やたらと一括払いや前払い、クレジットカードの支払いを渋り現金払いを積極的に推奨するようでは、もしかしたら倒産寸前でお金が必要な状態なのかもしれません。

 

サロン選びの基準

 

サロンをやめる理由


たくさんある脱毛サロンの中から選ぶのは、意外と大変な作業です。脱毛が初めてで体験も受けたことがない…なんて人は特に大変ですね。全身脱毛であれば特にです。金額もそうですが、かかる費用もそれ相当なものになりますので、途中でやめるとなると精神的にも大きな負担がかかってくるものとなります。実際、全身脱毛をやろうとして申し込んだのはいいけれど、結局長続きしないで途中でやめることになってしまった…なんて人は少なくないのです。

 

では、全身脱毛を途中で辞めてしまう理由とは、一体なんなんでしょうか?その多くが、期待していたよりも効果が得られなかった、通い続けるのが面倒になってしまった…といった理由が圧倒的に多いものとなっています。全身脱毛は決して安くはありませんので、そうまでして退会してしまうというのはよっぽどのことです。他にもいろいろと理由があったのかもしれません。なぜなら、全身脱毛を辞めても、再び別のお店で始めている人もの数も少なくないのですから。

 

全身脱毛を別サロンで再スタートさせる人というのは、サロンに対してなんらかの不満を抱えていた可能性が大です。全身脱毛といってもサロンンによって内容が変わってきますので、満足できる結果はもちろん、満足できる対応も得られなかったのでしょう。こうした失敗を防ぐためにも、自分がどんな全身脱毛をしたいのかを、よく整理した上でサロンを決めるようにすると、失敗も少ないものとなります。

 

施術部位と施術方法は要チェック!

 

せっかく決めたサロンでの全身脱毛。全身脱毛をおこなうとなると、個人差はあるものの軽く2年は通わなくてはいけません。長い月日をかけて通うことになりますので、途中で挫折しない、通うことが苦痛にならない脱毛サロンを見つけなくてはいけません。気軽に乗り換えをするのが難しいですから、少なくとも下記の注意ポイントは押さえておくようにしましょう。

 

まず、全身脱毛をするといっても、どこを脱毛したいのかを明確にしておきます。全身脱毛といっても、サロンによってできる部位、できない部位は異なります。隅から隅までやるわけではなく、決められた部位をおこなうことになりますから、必ずどこまでやるのかを確認しておくようにしましょう。全身脱毛の基本部位としては顔、ワキ、腕、背中、おなか、脚、指などですが、お店によっては顔やデリケートゾーンが入っていなかったり、うなじやおなかといった忘れがちな部位が入っていたりと、実にさまざまです。全身脱毛といった言葉の定義が違うので、事前に確認しておかないと、後で「えっ!この部位はできないの!?」なんてこともでてきてしまいます。

 

また、脱毛には痛みがつきもの。脱毛サロンは痛みが少ないといわれていますが、それも個人差があります。しかも、脱毛範囲が広いですから、使用する機器によってかかる時間も変わってきます。

 

脱毛方法としてはレーザー脱毛と光脱毛とありますが、クリニックなどの医療機関でやるのか、それともエステでやるのかでまったく違います。医療機関で使うレーザー脱毛のほうが時間は短いものとなっていますが、その分、痛みが強いものとなっています。エステでのレーザー脱毛や光脱毛は、時間はかかりますが痛みは弱くなっています。ちなみに、永久脱毛を希望するのであればレーザー脱毛がいいでしょう。

 

施術範囲

 

全身脱毛できる範囲


全身脱毛と聞くと体中の体毛を根こそぎなくすイメージがありますが、実は施術できる範囲というのは決まっていて、必ずしも全身ではないのです。サロンによって異なりますので、ここは最初にしっかりとチェックしておかなくてはいけません。ちなみに、顔やワキ、腕、背中、おなか、脚、指などは定番として含まれていることが多いのです。ただ、顔やデリケートゾーンは大きく分かれるところなので、こちらの部位を希望している場合は、特に注意して確認する必要があります。

 

サロンがいう全身脱毛とは、脱毛プランに表示されている部位になります。ですから、そこに含まれていない部位は、全身脱毛の契約を結んでも脱毛してもらえないので要注意!また、顔の脱毛が含まれていたとしても、それが全体なのか部位が限られてしまっているのか…そこらへんも要チェック。

 

部位的にいうと、顔とおなか、胸周りです。顔はデリケートな部位のため施術する際の機械も選びますので、どうしてもサロンによって違いが…。これはすなわち、サロンの設備力にも関わってくるものと言えます。またおなかや胸は境界線があいまいでわかりにくくなっているので、サロンによってはおおまかにやってくれるところと、境界線を決めてやるところとあります。ですから、部位の境界線でムダ毛が残っている…なんてことにもなりかねないので、そうした範囲の有無や、隣り合わせの部位はどうなっているのか、細かい部位まで見ておきます。範囲が分かりにくい場合は、自分の体で指示してもらうといいですね。

 

全身脱毛は計画的に


全身脱毛は広範囲での脱毛となりますので、どんなにスピーディーな計画を立てたとしても、それなりの時間を使うものとなります。早くても、大体2年は覚悟しておいたほうがいいでしょう。ですから、根気も必要ですがスケジュール管理も必要。特に仕事をしている人は、仕事とプライベートも考えた調整となります。スケジュール管理がうまくできないと途中で挫折することになりかねないので、よく考えて無理のない範囲で行うようにします。

 

ちなみに、スケジュール管理では、ただ単に予定が合えばいい…というものではありません。夏は紫外線が強く肌の露出が増えるので、日焼けが禁止されている脱毛は難しいものとなっています。ですから、春前までに露出する腕や足を重点的に脱毛しておかなくてはいけません。わき毛やビキニラインなどのデリケートゾーンも済ませておくといいですね。大まかでもきちんとスケジュール管理しておくと、心に余裕ができて慌てることも減り、急なスケジュール変更や仕事の予定が入ったときもうまく対応できるようになります。

 

また、全身脱毛は費用が高額となります。決して安くはないのですから、なるべく体験やお得なキャンペーンは活用するようにしましょう。体験を受けることで、そのサロンの施術具合がわかります。同時に、無料のカウンセリングも一緒におこなわれますから、そこで専門による話を聞くことで、また自分がどうしたいのかが見えてくるものとなります。

 

脱毛回数

 

全身脱毛は根気がいる


全身脱毛をする際には、その回数が大体どれくらいになるのかを知っておいたほうがいいでしょう。なかには、「1回できれいになるんでしょ?」なんて安易に考えている人もおり、思いがけない通院の頻度に根を挙げてしまうことも珍しくないのです。

 

全身脱毛は、脱毛回数・部位・費用だけでなく、個々の体毛の状態でも変わってきます。平均的には最低でも6回はやらないとダメと言われています。なので、6回以下のプランでは、個人差もありますがなかなか効果が実感できなかったりするようです。体毛が少なくて薄いという人にはいいかもしれませんが、体毛が多くて濃い人には確実にダメでしょう。

 

また、完全に体毛が生えないようにしたい…つまり、永久脱毛をしたい場合は、最低でも1〜2年は通うようにしなくてはいけません。毛周期により脱毛時に休んでいる毛があるわけですから、成長した頃を見計らって脱毛。成長期にある体毛は2〜3割程度と言われていますので、残りの7〜8割が成長期に入るのを待たなくてはいけないのです。当然、数カ月で完全に終わることはできず…根気よく通い続けなくてはいけないのです。

 

そして、サロンによっても変わりますが、全身脱毛の場合では1回の来店で数カ所を施術しますので、かかる時間も長くなります。大体、1時間は覚悟しておいたほうがいいでしょう。

 

希望にそってサロンは選ぶ


たくさんの脱毛サロンがありますので、その競争もかなり激しいものとなっています。生き残る為にさまざまなキャンペーンや特徴を打ち出していますので、自分にとってどれが最適なのかよく見極めて選ぶようにしたいもの。逆に言えば、昔よりかは選べる範囲が広くなっているので、より自分好みのサロンを見つけやすいといえるでしょう。

 

脱毛サロンを見比べてみると、全身脱毛がお得になっているサロンもあれば、部位的に強化していてお得になっている、複数のプランを組み合わせる事でお得な金額になるサロンなど…まさに費用やプランの取り方でもさまざまです。

 

最初から全身脱毛を考えているのであれば、全身脱毛をメインにやっていて、どのサロンよりもお得にやっているところを選ぶようにするといいでしょう。他のサロンで実はすでにやっている部位があり、残っている部位だけをやりたいというのであれば、部位ごとに安くなっているサロンを探すようにするといいでしょう。この場合、なにも1つのサロンで必ずやる必要はなく、部位ごとに「ここだ!」といつサロンを組み合わせてもいいですね。ただしその場合では、脱毛スケジュールをしっかりと管理するようにしておきます。一つのサロンではスタッフの方も自然と「この時期でしたら、この部位を…」なんてアドバイスと管理ができますが、他のサロンでもやっている場合は、自分が気を付けないといけないのです。

 

そして、脱毛後の肌に紫外線は厳禁です。なので、肌の露出が増える夏は、なるべくなら控えたほうがいいかもしれません。日焼け止めやケアが、他の季節に比べて大変です。

 

カウンセリングで聞いておきたいこと

 

カウンセリングで聞きたいこと


人の体毛は個人差がありバラバラ。濃くて太い人もいれば、細くて薄い、もしくは体毛の量が多い人もいれば少ない人もおり…と、人それぞれですから、施術具合や回数なども変わってくるものとなります。第一、体毛をどうしたいのか、特定の部位だけをやりたいのか全身をやりたいのかでも変わってきます。どういった脱毛をしていきたいのかを聞くためにも、カウンセリングは必要不可欠。カウンセリングで話を詳しく聞き、毛質を見極めたうえでプランや回数などを決定していくのです。

 

カウンセリングにおいては、話を聞いて脱毛か所を決めたりプランを設定するだけでなく、実際に肌と体毛を見てその状態を確認します。黒ずみやほくろの有無、施術で使う機器は肌に問題なく使えそうか…などを確認します。

 

目に見えてわからない体調…つまりは、アレルギーや妊娠の有無についても確認されますので、もしも思い当たるような事があれば、忘れずに申告するようにします。特にアレルギーは重要です。伝えるのを忘れた為に、重大なトラブルを招く可能性が高くなります。妊娠の有無についても同様で、はっきりと妊娠している事がわかっている状態では、お腹の赤ちゃんへの影響や妊娠・出産による体の変化からも、施術が出来ない事もあるのです。

 

そして、カウンセリングはスタッフが話を一方的に聴く場ではなく、お客さん自身もわからない事を聞く場です。施術については詳しい説明があるはずですから、わからない事は積極的に聞くようにしましょう。どのくらいの期間がかかるのか、施術の痛み、トラブルが起きてしまった場合はどうするのか…など、もしもの際の対応も要確認です。

 

途中解約はどうなるの?


全身脱毛は通う期間が長いだけあって、途中で挫折してしまう事も…。いろんな理由から解約したくなることもありますが、誰もが最初から解約を想定して始めてはいません。誰もが辞めることになるかもしれないのですから、もしそうなった時の事を確認しておくといいでしょう。

 

途中で辞める事になってしまった場合に、まっさきに気になるのがお金です。解約に関してはトラブルがおこりやすくなっていますので、必ず確認しておきたい項目です。同時に、生理や体調不良、仕事の都合などでしばらく来店することができなくなってしまった場合の支払いも確認しておいた方がいいでしょう。特に月額制の場合は、気になるところです。サロンによっては通えなくてもお金を取るところもあれば、理由によっては保留扱いしてくれる事もあります。

 

他にも、引っ越しをすることになった場合は別店舗に移動できるのか、期限付きのプランでもしも妊娠してしまったら保留してもらえるのか、解約時に戻ってくるお金はどれくらいなのか…なども忘れずに確認します。サロンによっては、30日以内であれば全額返金してくれることもあり、ここらへんの対応はバラバラです。

 

そして、施術できる部位に関しては、細かいところまで聞いておきます。特に境目などは見過ごしがちなので要注意。実際に施術して「あれ?」なんて事になったら最悪です。

 

脱毛による痛み

 

部位で変わる施術の痛み


脱毛をするうえで気になるのが、施術による痛みです。脱毛するということは、毛根にダメージを与えてその成長をストップさせていくことに他ならないのですから、多少のダメージは受けるものとなります。それが痛みとして感じるものであり、例えるのであれば輪ゴムを弾いたような痛み…なんて表現方法がとられています。

 

痛みの感じ方は人それぞれなので、痛みの弱かったりすると、普通の人よりも強く痛みに対して敏感に反応してしまう事もあります。また、痛みは部位によっても変わってきます。特に痛みを感じやすいのが、デリケートゾーンであるVラインとIライン。ここでの痛みを乗り切れば、他なんて問題にもなりません。

 

ちなみに、痛みを強く感じるのは最初の3回ぐらいです。次第にその痛みに慣れてくる人がほとんど。というか、施術効果により体毛がどんどん細くなり根付きも弱まり毛量が減少しますので、それに合わせて痛みも少ないものとなるのです。

 

それでも痛みがあるのはちょっと…という場合は、痛みをできるかぎり抑えたサロンを選ぶといいでしょう。最近の脱毛機器は目覚ましい進化を遂げており、その脱毛機能はもちろん、痛みに対しても緩和されたものがでてきているのです。なかには、痛みがほとんどない…なんて驚くべき機器もあるのです。ただ、痛みが無いということは出力が弱いということでもあり…効果が出にくなってしまい、通う回数も増えてしまう事は覚悟しなければいけません。

 

フラッシュ脱毛とは?


多くの脱毛サロンで採用されている脱毛方法は、フラッシュ脱毛とよばれるものです。フラッシュ脱毛とはどんなものかといえば、光脱毛の一つで、体毛の根元である毛母にダメージを与える機械。毛母細胞が回復できないほどのダメージを受ける事で、体毛が再生されないようにするのです。

 

このフラッシュ脱毛は、メラニンと呼ばれる黒い色素に反応します。一度に広い範囲で施術することができますし、比較的リーズナブルな金額でおこなうことができます。しかも肌への負担も少なく、痛みが弱いのが大きな特徴となっています。が、その反面、高い脱毛効果を得る事は難しいですし、永久脱毛についてははっきりとは「イエス!」とは言えない状態なのです。

 

フラッシュ脱毛の良いところは、長く続けることで半永久的に体毛に悩まされることはなくなること。施術後の肌はすべすべになっていること、そしてレーザー脱毛よりも安くて短時間で終わるということです。痛みも少ないものですから、痛みに弱い人、恐怖感を感じている人には最適です。

 

デメリットとしては1回の施術で期待できる効果は低く、一般的な平均値としては3〜5回はやらないといけないといわれています。毛母細胞が死滅すれば体毛は再生されなくなるので、休止中の体毛が生えてくるのを待たなくてはいけないのです。

 

ちなみに、フラッシュ脱毛は黒い色に反応することからも、日焼けして黒くなっていたり、ホクロがある周辺部分では施術が困難となります。そういうことからも、日焼けしやすい夏は特に要注意なのです。

 

月額料金と追加料金

 

月額制とは?


最近のサロンでの支払い料金は、ローンを組んだり一括現金払いだけでなく、月額制といった支払方法も取り入れています。脱毛サロンに興味・関心を持つ人が増えてきていることからもどんどんその数が増えており、競争も激化しています。最近は金額もどんどん低くなってきているので、月額制のような柔軟な支払方法が採用されるようになってきているのです。これも、時代の流れといえます。

 

とはいえ、複数の部位を合わせるとそれなりの金額になるのは変わりません。いくら昔よりも安くなっているとはいえ、全身脱毛やそれに近い数での施術になると、一括で支払うのは厳しい金額になってしまいます。月額制のシステムが生まれたのもそうした背景からであり、支払いをしやすくするために取り入れた方法と言えます。クレジットカード払いと変わらないような気もするのですが、利息が付かない点が違います。しかも、カード分割と比較してみると、回数が増えるだけ差も大きなものとなるのです。

 

また、クレジットカードの場合では、払い過ぎてしまうこともあるのです。ほとんどのプランが、契約時に金額を支払うことになっています。でも、実際にどの程度の回数が必要になるのかはわからないもの。個々の体質や毛質などによって、実際はやってみないとわからないのが現状なのですから、多くの人が少ないよりも多い回数で契約を結ぶものとなります。これは、後から回数を追加すると割増しになってしまうようになっているサロンでは特にみられます。ただ、途中で満足できる仕上がりになったり、仕方がない理由で通えなくなってしまった時に返金されない事が多いのです、それが原因でトラブルが起こることも少なくないのです。

 

その点、月額制であれば必要な分しか払わなくてすみます。その月に通うのであれば支払えばいいのであり、満足したらその時点で辞めて、支払いもストップさせることができます。クレジットカードに比べると、やった分だけの支払いになり無駄がありません。大体1万円前後と、金額もそう高額でもないので、まとまったお金を用意することが難しい学生さんを中心に人気となっています。

 

追加料金の有り無しは事前に確認!


脱毛プランが決定し、支払金額も確定!後は通うだけ…と思ったら、追加料金を請求されてしまった!?

 

…なんて経験をされた方もいることでしょう。追加料金として請求してくる項目では、入会金や施設料、そしてホームケア商品などがあるようです。契約する際には、他にも追加で料金請求が発生するのかどうかきちんと説明しなければいけません。追加料金があると知っていた状態で請求するのはありですが、そうでなければ無しです。

 

この追加料金のあるなしは、サロンによって異なります。ほとんどのサロンでは提示した金額以外で支払いが強制的に発生することはありませんが、一部のサロンでは発生していますので、カウンセリングや契約時にはしっかりと確認しておくようにしましょう。また、口コミなどで事前にリサーチしておくといいですね。

 

サロンorクリニック?

 

サロンとクリニックの違いとは?


脱毛サロンや医療クリニックでの費用やプランはさまざまなものが用意されており、選ぶほうも大変な自由度にまでなっています。まさに嬉しい悲鳴です。なので、一概に比べるのは難しいのですが、平均的な価格としては30万〜100万程となっています。安価なのはどちらかというと脱毛サロンであり、高額になってしまうのは医療クリニックです。

 

では、金額やプランから比較してみるとどうでしょうか?プランの内容から比べてみると、部位別にちょこちょこやるよりかは、全身脱毛で一気にやってしまったほうがお得。気になる部位をその都度追加していったら、全身脱毛プランの60万を軽く超えてしまった…なんて話もあるのです。脱毛エステで用意されているプランには、最初から長い期間がかかることを見越した、回数無制限のプランなども用意されています。また、気づいたら生えていた!…なんて時の保証サービスがついていることも。大体、2〜3ヵ月に1回の割合で通うことになるので、ちょっと先のスケジュール管理が必要となります。逆に医療クリニックでは、通い放題といったプランはあまりみられません。回数が決まっており、その金額も軽く2倍はかかります。ですが、その効果は高く、通う回数も脱毛サロンよりも少なくなります

 

脱毛サロンも医療クリニックも、脱毛方法としてはあまり違いはありません。どちらもレーザーの周波熱がムダ毛の元となる毛母細胞…つまりは毛根を分解して破壊。新しい毛が再生されにくくなるのです。ただ、一つだけ大きな違いがあります。それは、医療行為ができるかどうかです。脱毛する際のレーザー出力数は医療レーザーのほうが高く脱毛クリニックのほうは低くなっているのもこのためです。万が一のトラブルが起きたときに、医療行為が禁止されている脱毛サロンでは何もすることができませんが、医療クリニックではスピーディーに処置することができるのです。

 

まずは体験!


脱毛エステと医療クリニック…どちらか迷ったときは、体験を受けてみるのが一番です。パッチテストのようにちょっとだけ体験できるところもあれば、本格的な施術を体験させてくれるとこと、サロンやクリニックによって様々です。体験とは、サロンやクリニックが実際にどんなところなのかを実際に触れてもらうだけでなく、施術が肌に合っているかどうかもはかれる良い機会です。

 

アピール方法もそれぞれ特徴があり、見えなかった部分が浮き彫りになります。サロンやクリニックからしてみれば、この機会に是非とも契約につなげたいと思っていますから、いつも以上に丁寧なこともあるので、そこらへんは口コミなどと比較して見極めるようにしましょう。なかには、「体験の時はよかったけど…」なんて事もあるのですから。

 

ちなみに、体験では1部位だけを施術しますので、それだけでも体毛が減った効果を実感することができるでしょう。施設やスタッフの対応が良い、施術も安心して受けられる、体験だけでも効果が感じられた…なんてことであれば、本契約をしても大丈夫かもしれませんね。

 

日焼けとアトピー

 

日焼けした肌に脱毛はできる?


紫外線が強い夏は、嫌でも日焼けしてしまう季節です。海などにいくと、浜辺に寝っ転がって小麦肌になるべく焼いている人もいますが、この状態で脱毛をしても大丈夫なのでしょうか?

 

答えは「ノー」です。どの程度の日焼けなのかにもよりますが、ほとんどが断られます。焼けた肌が元の肌色に戻ってきた頃になると、脱毛ができるようになるのです。

 

脱毛サロンや医療クリニックなどでおこなわれる脱毛方法では、黒いメラニンに反応するようにされています。特殊な光が毛根の黒色に反応し、毛母細胞を破壊して再生しないようにするのです。日焼けしているとその境目が分かりませんので、施術自体が危険なものに…。皮膚の黒色にも反応して、肝心の毛根に光が届かないまま終わってしまうのです。効果がないとわかっているからこそ、日焼けの状態では断り、肌色が元通りになってきた頃に脱毛をするように勧めるのです。

 

ただ、日焼けするなといっても、夏は紫外線が強いこともありなかなか難しいもの。気を付けていたとしても、多少は日に焼けてしまいます。また、もともと肌色が濃い人もいるでしょう。そういったことからも、最近では肌が黒くても施術可能な機器が開発・導入されてきています。そうしたサロンやクリニックを選んでやるのもいいですね。ただ、なかにはフラッシュ脱毛ではなく電気脱毛といった、毛穴に針を差し込んでやるところもあり、その場合では痛みが強いものとなります。また、あまりにも日焼けが濃いと断られることもあるので、やはり脱毛をしたいのであれば日焼けは控えるようにするのが一番です。

 

アトピーや敏感肌に脱毛は無理?


肌トラブルでも深刻なのが、アトピー性皮膚炎です。その治療も対処方法になってしまうことが多く、なかなか改善するのが難しいといわれています。そうしたアトピー性皮膚炎などで悩む人は、脱毛はできないのでしょうか?また、アトピーではないけど肌が敏感で、使うスキンケアにも気を遣う…なんて場合では、脱毛は肌状態を悪くしてしまうのでしょうか?どちらも身近な問題なだけに、気になる人も多いのではないでしょうか。

 

アトピー性皮膚炎や敏感肌といっても、その症状や状態は人それぞれ違うもの。ですから、まずはカウンセリングで確認するのが一番です。もしかしたら、その人の状態によってはできる場合もあるのです。また、医師の同意があれば脱毛できるサロンというのもあります。ただ、肌の状態が非常に悪かったり、傷や出血、炎症が見られる場合には、アトピーや乾燥肌などは関係なく施術はおこなうことができません

 

肌トラブルを持っている人が施術場所を選ぶ際には、肌への刺激が少ない機械を使用しているのかどうか、保湿ケアはおこなっているのか、プランの期限は決まっていない…といった事に注目しましょう。施術中の痛みはもちろん、施術後のしっかりとケアしてくれるところであれば、炎症も起こしにくくなります。また、契約期限がなければ、肌の調子が悪い時はいったんストップし、また良い状態になったときに始めることができます。